やってはいけないこと|データ復旧は修理サービスとは異なる|プロに任せて不安皆無
パソコン

データ復旧は修理サービスとは異なる|プロに任せて不安皆無

やってはいけないこと

HDD

パソコンなどに不具合が生じたときにやってはいけない行為があります。その行為をすることで原因を悪化させたり、データ復旧ができなくなったりします。だからトラブルが起きたときに焦らず、冷静な判断をしましょう。そうすることで、トラブルが生じてもデータ復旧の可能性を高めることができるのです。まず、パソコンが誤作動してしまったときにパソコンの再起動を繰り返すことです。トラブルを抱えたパソコンの再起動を繰り返すことで障害が悪化してしまいます。だから、パソコンに誤作動が生じたときは電源を切って専門のスタッフに相談しましょう。またハードディスクが故障したと思い込み、ハードディスクの基板を交換することは絶対してはいけません。ハードディスクには類似した商品が多く、簡単に取り換えることが可能なのです。しかし、ハードディスクが不整合な場合だとかえって故障の原因を悪化させることになります。もし、ハードディスクを交換してしまった上に故障してしまった場合でもデータ復旧の業者に依頼することができます。その際に、元々備え付いていたハードディスクの基板があるとデータ復旧がしやすいので捨てずに保管しておきましょう。その他には接続端子などの劣化や歪みによって接触が悪くなります。そのときに衝撃を加えて直そうとする人がいますが、これは機器に対して悪影響になるのでやめるようにしましょう。またパソコンの簡易な障害の場合でも、衝撃を与えて直しているとトラブルの原因を悪化させることになります。そしてパソコンなどのデータ復旧自体が困難な問題にもなるので気をつけましょう。