復旧の流れ|データ復旧は修理サービスとは異なる|プロに任せて不安皆無
パソコン

データ復旧は修理サービスとは異なる|プロに任せて不安皆無

復旧の流れ

ハードディスク

パソコンなどの電子機器の不具合によりデータが消えてしまった場合に、データ復旧を専門に取り扱うサービスを利用します。まず、電話もしくはインターネットで申し込みが可能になっています。その際に、どの機器や製造メーカー、製造年月などの質問を受けると思うので事前に調べておきましょう。その後、初期調査として、本体の状態などを見て見積もりを出します。またその時点で、復旧可能か復旧不可ということが分かります。重度の障害判定をされた場合であれば復旧不可能としてその後の動きは顧客の判断になります。もし復旧が可能であれば、見積もり金額に納得した場合のみ契約に移ります。契約終了後は復旧結果を待つだけですが、すべてのデータを呼び起こすことができない場合もあります。しかし、満足してもらえるように業者は全力でデータの復旧作業を行ってくれます。通常であれば、復旧不可能と判断されてもおかしくないので復旧されることに関しては信じて待つしかありません。その復旧の際にも別のデータの損傷具合を調べることができ、買い替えが必要などのアドバイスもしてくれます。データの復旧終了後は、別のデータに移し替えられたデータが手元に届く形になっています。簡単なウィルスチェックも含め、安全な状態で納品されるのです。アフターサービスとしてもバックアップデータを少しの期間の間だけ保管されています。その復旧したデータに不具合が起きれば、無償でまたサービスを受けることができるのです。